マチュピチュ:失われたインカの都市とその謎

古代謎解き

マチュピチュとは?歴史と起源

マチュピチュは、ペルーのアンデス山脈に位置するインカ帝国の古代都市遺跡です。標高2400メートルの山腹にあり、その壮大な景観と神秘性から「失われた都市」として知られています。この遺跡は、1911年にアメリカ人探検家ハイラム・ビンガムによって「再発見」されました。この記事では、マチュピチュの歴史、建築、謎、観光情報について詳しく解説します。

マチュピチュの歴史

マチュピチュは、15世紀のインカ皇帝パチャクテクによって建設されたとされています。インカ帝国の黄金時代を象徴するこの都市は、約100年間使用された後、突然放棄されました。なぜ放棄されたのか、その理由は未だに謎に包まれています。

説明:アンデス山脈の中腹に位置するマチュピチュの全景。

マチュピチュの建築とデザイン

マチュピチュの建築は、その精巧さと耐久性で知られています。石のブロックは、モルタルを使用せずに精密に組み合わされ、地震にも耐える構造になっています。この技術は「アシュラーレ技術」として知られ、インカ文明の高度な技術力を示しています。

主要な建築物

太陽の神殿
太陽の神殿は、マチュピチュで最も重要な建築物の一つであり、インティ(太陽神)への崇拝の中心地でした。窓が特定の時期に太陽の光を受けるように設計され、天文学的な観測にも使用されていたと考えられています。

説明:マチュピチュにある太陽の神殿

説明:マチュピチュにある太陽の神殿。

インティワタナ石
インティワタナ石は、マチュピチュの中心部に位置する神聖な石で、日時計のように使用されていました。この石は、太陽の位置を正確に測定し、重要な儀式の中心となっていました。

マチュピチュの謎

マチュピチュの謎には多くの要素が含まれています。その一つは、なぜこの都市が突然放棄されたのかという点です。歴史的記録には、スペインの侵略に関連する記述はほとんどなく、その理由は依然として不明です。また、マチュピチュが建設された目的も明確には分かっていませんが、これらの謎が観光客や研究者を引きつけ続けています。

放棄の理由

ある説によると、天然資源の枯渇や疫病の蔓延が原因で放棄されたとされています。また、インカ帝国の他の地域との戦争や内部紛争もその一因であった可能性があります。

天文学的役割

マチュピチュの建築物の多くは、天文学的な観測に使用されたと考えられています。特に、インティワタナ石や太陽の神殿は、冬至や夏至の太陽の動きを正確に捉えるように設計されており、インカ文明の高度な天文学知識を示しています。

マチュピチュの探検と再発見

マチュピチュの再発見は、1911年にハイラム・ビンガムによってなされました。彼の探検は、ナショナルジオグラフィック協会の支援を受け、マチュピチュを世界に知らしめるきっかけとなりました。

ビンガムの探検は、数多くの写真と詳細な記録を残し、マチュピチュの存在を広く知らしめました。その後、多くの学者や考古学者がマチュピチュを訪れ、さらなる研究が行われました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました